otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

欧州歌合戦、ユーロビジョン迫る スペイン代表の歌

|

2017年のユーロビジョン・ソング・コンテストのスペイン代表は1996年生まれ、バルセロナ出身のManel Navarro氏(マネル・ナバーロ)。カタルーニャ州で放送された新人タレント番組を優勝してからソニーと契約を結ぶ。しばらく経って、今年の2月にスペインテレビ・ラジオ報道局(RTVE)主催のObjetivo Eurovision(目標ユーロビジョン)という番組で「Do it for your lover」の歌を掲げ、スペイン代表として選ばれた。


しかし、同番組の優勝状況は穏やかなものではなかった。もう一人の参加者、マドリード出身のMirela氏が陽気なスペイン語のpopな歌「Contigo」で、相手より支持を集めたのだが、審査員の判断により最終的にManel氏が選ばれ、視聴者一部の反感を買った



スペインはユーロビジョン史上2度も優勝したが、その内1度は独裁者・フランコが買収した投票で確保したと言われる。一方、スペインは他国から最も0ポイントを獲得する国の一つであるという不名誉な記録を持っている。5月13日キエフにて、サーファーボーイManelがこの呪いを解くことができるのだろうか?


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。