otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

全日空航空機で喧嘩発生 乗務員ケガを負い、男が逮捕

|

5月2日、全日空の航空機でアメリカ人二人の喧嘩により離陸を遅延した。警察は喧嘩をはじめたと見られる赤いアロハシャツを着た酩酊状態の男を成田空港からロサンゼルスに向かっていたボーイング777から降ろし、逮捕した。



録画したコリー・アワー氏が「離陸は既に50分ほど遅れていたから、みんな苛立ちを感じたと思う」とBBCに説明する。加えて、「乗務員たちは喧嘩に絡まれたとき、僕は録画をやめ、男を抑えようとした」とアワー氏。


空港警察官によると、アメリカ国民である容疑者の逮捕は機内の喧嘩ではなく、全日空の乗務員を怪我させたによるものだという。喧嘩の原因などを調べるため、水曜日の時点では容疑者は日本で拘留

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。