otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

海底ガス貯蔵プラント 地震発生させ、放棄

|

スペインのエネルギー・観光・デジタル化大臣は、2013年に閉鎖されたカステリョン県の海岸に建設した海底ガス貯蔵プラントは、近い将来では停止されたままにすると述べている。5月3日、エネルギー大臣のアルバロ・ナダル氏はマサチューセッツ工科大学(MIT)による報告書を公表し、ヴィナロス海岸の海底貯蔵プラントにガスを注入することを理由に、500件以上に及ぶ地震が発生したという。


Planta castor1


ナダル氏はプラントの解体の選択を拒否する。貯蔵されているガスの吸引は高リスクを伴って、許可を下すには更なる厳密な報告書が必要。2014年当時、スペイン国立地理学研究所は既にガス注入と地震の関係を結びつけた


「今のところは、このまま放棄するのが最善の選択。ガス注入はほぼ間違いなく地方で感じた揺れの原因」とナダル氏が述べる。プラントに投資され損した17億ユーロ(約2080億円)を国民が以降30年のガス代で賄える

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。