otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルサ会長 ネイマール移籍汚職問題で起訴される

|

FCバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が2013年に行われたネイマール選手のバルサ移籍を巡る汚職により起訴される。


Bartomeu 2


スペイン全国管区裁判所の検察側の主張は、2011年に当時FCバルセロナ会長だったサンドロ・ロセイ氏ネイマール選手と父親と会見し、ネイマールが2014年にフリーエージェントになる際、バルセロナに移籍する保証として4000万ユーロ(当時の両替で約45億円)の取引を行った。この行動により他のクラブが選手に対して公正なる動きができず、フリーマーケットを妨げたという。なお、仮にネイマール選手が他のクラブに移籍した場合、契約に4000万ユーロの罰金条例がおり、「貸金」として渡されたプラス1000万ユーロも返す必要があった様子。


裁判所は、当時副会長だったバルトメウ氏がサンドロ・ロセイ氏と同じ責任を持つと判断し、起訴すると発表した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。