otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン両陛下 イギリス訪問が延期

|

Felipe letizia

スペイン国王、フェリペ6世陛下は6月8日の英国の早期選挙により、イギリスへの王室訪問予定を調整した。フェリペ国王・レティシア王妃両陛下は昨年、スペイン政治危機のため、訪問を延期することを余儀なくされ、6月6日から8日まで訪問する予定だったが、イギリス王室は本日4月21日に訪問がまた延期されるとの発表。具体的には、イギリス王室のTwitterアカウントで「女王陛下とスペイン国王は、6月中予定されていたスペイン王室訪問が7月まで延期されることに合意した」と述べた。これにより、両陛下の訪問は7月12日ー14日、1ヶ月後に行う見込み。


前回のスペイン王室訪問は31年ぶり、1986年にフアン・カルロス1世前国王とソフィア王妃両陛下のものだった。今回はスペイン国王が英国議会への演説を行い、Brexit(EU離脱)後に二国間の関係の重要性を議論する。両陛下はバッキンガム宮殿で女王にもてなされ、ケンブリッジ公爵夫妻と会見する予定。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。