otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラホイ首相 汚職問題について「喜んで」証言する

|

マリアノ・ラホイ首相は本日、初期(1999年ー2005年)グルテル事件汚職問題の証人として召喚された件に関しては「至って普通の事柄だから喜んで証言する」と述べた。首相によると「昔から法律に従うのは国民の義務であると主張してきた。私もそれに含まれている」。更に、以前に首相を召喚する申請は2度目あったが、全国管区裁判所がそれを却下した。今回の申請承認についてどう思うの質問に対して首相が「私は裁判所の判断を問わない」と答えた。


証言の方法は本人が直接裁判所で行えるのだが、首相官邸からビデオカンファレンスでも行える。方法について「まだ決まっていない、裁判所の詳しい指示を待っている」と言い残した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。