otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSC管理書記 州首相が世界規模で大恥をかいている

|

Salvadorillapsc
PSC(カタルーニャ社会主義党)管理書記のSalvador Illa氏(サルバドール・イーヤ)によると、カルラス・プッチダモン州首相が世界規模で大恥をかいていると言う。


Europa Pressへのインタビューで、イーヤ氏は州首相がカタルーニャ独立運動説明を広める際、海外で数少ない国際代表から得た興味にたいして、「結果は実際的には皆無と同然」と指摘する。


加えて、「彼の行動はカタルーニャ州政府が持っていた善良なイメージにも恥がかかり、元々あった貫禄を失って昔とは大違い」。この発言は1990年に当時州首相だったジョルディ・プジョール氏がジョージ・ブッシュ元大統領に迎えられたことを言及する。


プッチダモン州首相は、彼が主張する独立運動の現状を広めるため、アメリカのハーバード大学で講演を開き、シンポジウムにも参加するなど、積極的に住民投票の必要性をアピールするなか、州の公共資金を使う割に徒労に終わると思っている人もいるのは事実。尚、4月1日にアラブのAl Jazeera(アルジャジーラ)テレビ局によるインタビューに参加した:


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。