otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

アロンソ 「地元のスーパーでのんびり買い物するより、ここで走る方がずっとマシ」

|

Alonso2

マクラーレン・ホンダ在籍ドライバー、フェルナンド・アロンソは上海サーキットで前週オーストラリアGPの感想を語ると他に、世界チャンピオンシップをやめるという噂をはっきり払拭した


今回の上海サーキット長いストレートを有し、パワー不足のホンダエンジンにとって難関になる予想。一方、前週末のレースに関して、アロンソは「オーストラリアで難しかったのはカーブやブレーキの際にミスは許されなかったところ。どんな些細なミスでもトップスピードの差でいとも簡単に追い越される結果に繋がる。後、燃料消費の節約も重要視せざるを得なかった。今、マシンのハンドリングはエンジンの不十分なパワー、安定性と節約性に制限されている」と述べる。


オビエド出身は過去を振り返り、「確かに2007年にドライバーズランキング3位で落ち着き、その後3度も2位を取ったが、まだトップを諦めるつもりはない。かれこれプロドライバーとして15年目になる。自分と同じ環境に置かれたチャンピオンは気落ちして、チームメイトに追い越された事もある。そんな事は自分にまだ起きていないし、そもそも地元のスーパーでのんびり買い物するより、ここで走る方がずっとマシ」と最近、世界チャンピオンシップをやめる噂をはっきり否定した。


最後に、メルセデスとフェラーリ競争を喜ぶアロンソにマクラーレン・メルセデスでチームメイトだったルイス・ハミルトンについて聞かれると、「彼は俺たちの世代の大チャンピオンであり、このスポーツの代表的な存在。まるで現役のシューマッハと同様だ。2007年当時の問題はチームの管理によるものだった、昔から言っているがお互い尊敬している」とイギリスのドライバーを称賛する

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。