otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

欧州委員会 日産スペイン工場に嫌疑

|

欧州委員会日産モトール・イベリカのアビラ市工場が2007年から2013年の間、局地開発欧州資金(FEDER)から貰った援助金の件については「義務を果たさなかった場合は援助金を返さなくてはならない」と発表した。


LafactoradeNissanenvila


欧州委員会は「援助金を貰う為、義務付けられる雇用ノルマ就職条件が達成されているか現地調査を行っている」と言う。調査の結果次第、もし前述の義務が達成されていないと証明された場合、これをスペイン当局が修正すべき異常事態とみなされ、FEDERの援助金を返上する必要が出てくる。


尚、スペイン当局が異常事態を放棄すると欧州委員会が以降、日産モトール・イベリカに当てるFEDER援助金を減少する「財政修正プロセスを」の検討にかかる。最後に委員会は「欧州司法裁判所に上訴できるのはスペインが財政修正プロセスに反論する場合に限る」と注意する。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。