otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン副首相 州住民投票、刑罰に及び得る

|

マドリード中央政府憲法裁判所に対しカタルーニャ州政府の2017年度予算案の拒否を求める申請に(独立を問う)住民投票のプロセスを進行させると刑罰に及び得る可能性があると 、州政府のカルラス・プッチダモン内閣らに警告を頼んだ。


Sorayasaenz


閣議後の記者会見でこう語ったのソラヤ・サエンス・デ・サンタマリア副首相。副首相は以前から住民投票がスペイン憲法に反していると主張してきており、「州議会の弁護士は非合法であると認めているる時点で、不毛な試みに終わるのが明らかだ。州民の支持もますます減っている」と述べた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。