otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フェルナンド・アロンソ 初戦前日の心情

|

Fernandoalonso 1


今週末メルボルンで行われるF1オーストラリアGP、2017年シーズンの幕開けとなる。マクラーレン・ホンダ在籍中のフェルナンド・アロンソはテストの結果から厳しい状況に置かれつつも、「今は手をこまねいて気を落とす場合じゃない」と述べた。

マクラーレン・ホンダのマシン現状について、オビエド出身のドライバーはこう語る。「頑張ってもサーキットを10周もできない時は挫折を感じるのが当然とはいえ、自分のベストドライブを出している。喜べる状況じゃないが事実は事実だ、チームには既に強いリアクションを要求した。何故ならF1はチャリティじゃない、誰も一日も一時間も待たない。外部からもちろん手助けなどは来ないから、これからは結果向上を目指し、ギアアップして、強い競争心をもって挑戦を楽しむだけさ。」


シーズンの目的について問われると、アロンソは「マクラーレンの様な大物チームにいると、最終目的はいつも表彰台に立ち、ランキングのトップを競う。難しいのは承知の上だが先は長い、なるべく早くチームとホンダの反応が必要」と言い加えた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。