otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 11月の外国人旅行者数410万人 昨年同月比で9.2%の伸び

|


Turistas 2 1 1 1 1


スペイン国立統計局(INE)国境観光動向調査(FRONTUR)の発表によると、11月にスペインを訪れた外国人旅行者数速報値が4,100,007人で、昨年同月比で9.2%増加していたことが分かった。


これにより、11月までの累積外国人旅行者数が約7158万人となり、昨年同時期比で10.1%の増加となった。


国別でみると英国人が約86万7千人訪れ一位。 次いでドイツの約54万人とフランスの53万人となる。


累積旅行者数でも英国が約1696万人訪れ、ダントツの一位となっている。 また、増加率ではアイルランドが22.7%増加しており、同国でスペインブームが起こっていることがうかがえる。


自治州別に見た旅行者数では、カナリア諸島で約116万人。 カタルーニャ州で約101万人。 11月までの累積旅行者数では、カタルーニャ州が約1703万人となっており1位であるが、伸び率では3.8%と伸び悩んでいる。 観光客が飽和状態であり、ビジネスを目的とした旅行者数も独立問題を懸念している可能性がある。 しかし、来年には世界2か所目となる「フェラーリ・ランド」の開園を控えているため、更に観光客が増える見込みで、大規模複合商業施設「BCNワールド」計画も進んでいる。



INE(PDF)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。