otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

大気汚染対策プロトコル第3ステージ発令でアギーレ前マドリード市長が外に出られない事態に?

|


C02bE1FXAAAWHWi


前マドリード市長でマドリード市国民党報道官であるエスペランサ・アギーレが、12月29日マドリード市で発令された大気汚染対策プロトコル第3ステージにより、どこにも出かけられない事態が発生したとネットで話題になっている。


大気汚染対策プロトコル第3ステージが発令されたことにより、マドリード市環状線M-30内で偶数ナンバーを付けた自動車が移動できなくなっている。


不幸なことにアギーレ報道官、及び夫や息子の持つ車すべてが偶数ナンバーのため、マドリード市内を移動することができないと、ネット民は騒いでいる。


ただ、アギーレ報道官はマドリードのマラサーニャ地区に住んでおり、公共交通機関は充実している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。

PR スペインの住まい探しは。。。。