otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャでインフルエンザ流行の兆し

|


Urgencias2 1


カタルーニャ州政府保健局の発表によると、今年のインフルエンザ患者数がここ2年のピーク時の数字と同じになり、また例年のピーク時期までまだ4週間あることが分かった。


発表によると、インフルエンザの流行時期は1月末で、人口10万人当たり110.7人であったのに対し、今期は12月19日から25日の地点ですでに10万人当たり111.03人が感染している。


インフルエンザの感染増加率は全ての年齢層で報告されており、先週二人が入院した。 これにより、カタルーニャ州では今期すでに36人が入院しており、全員からA型ウィルスを検出、86.2%の患者でワクチンを打っていなかった。


現在公立病院の多くの救急病棟で診断を待つ患者が急増しており、バイ・デ・エブロン病院や、マール病院、モイセス・ブロッチ病院などで毎日50人余りが病床待ち状態となっており、廊下などで治療を受けているとのこと。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。