otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ市議会で人民統一候補党議員3人が国王の写真を破く

|

Fotoarchivovideo 336873 1 1 wd644


今年、カタルーニャの日「ラ・ディアダ」(9月11日)に州独立を求める抗議運動中、人民統一候補(CUP)の党員らが国王の写真やスペイン国憲法を路上で燃やしたことを受け、不服従の疑いで裁判所からの出廷命令を無視したため州警察などから逮捕されたことに抗議し、州警察局長のジョルディ・ジャネの辞任を求める法案を話し合っていたバルセロナ市議会中、CUPの議員3人が国王の写真を破いたことが分かった。


CUPから提出されたジョルディ・ジャネ州警察局長の辞任を求める法案は、バルセロナ・エン・コム党とカタルーニャ共和主義左翼(ERC)が棄権、CUPが賛成、CiU、市民党、PP、PSCの反対票と投票。 結果として否決された。


反資本主義・反体制・州独立派のCUPは、党員を逮捕、情報を国家警察に流したとして、州警察局長の辞任を求めていた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。