otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州高等裁判所が一方的な住民投票法案可決に関して州議会執行委員会の調査へ

|


Fotonoticia 20161220125212 640


カタルーニャ州高等裁判所は20日、州議会執行委員会に対し、カタルーニャ州独立を問う一方的な住民投票実施に関する法案可決に基づく憲法裁判所からの命令により、調査を開始すると発表した。


現在までカタルーニャ州議会カルメ・フォルカデイ議長は、カタルーニャ州独立プロセス開始法案に関して州議会での討議、投票、可決を「承認」したとして、憲法裁判所の要請で州裁判所による刑事責任を追及されている。


今回の決定は国家弁護団が州議会執行委員会の違法性を指摘、憲法裁判所が新たに州裁判所に対し調査するよう要請したもの。


州裁判所が発表したところによると、州議会執行委員会が一方的な住民投票実施法案を州議会の議題としてふさわしいと承認した委員会の役員4名を、刑事責任がある可能性があるとして調査する。 容疑がかけられる可能性があるのは州議会与党独立派ジュンツ・パル・シィ党のルイス・コロミナス、同じくジュンツ・パル・シィ党アナ・シモ、ジュンツ・パル・シィ党ラモナ・バルフェット、住民投票容認派左派シ・ケ・エス・ポット党ジョアン・ジョセップ・ヌエット。


彼らは20日以内に申し開きの期間が設けられ、その内容により起訴されるかが決定される。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。