otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ドイツで爆弾を爆発させようとしたとして12歳少年を逮捕していた

|


Fotonoticia 20161216094728 640


現地メディアが報じたところによると、ドイツのラインラント・プファルツ州の都市ルートヴィヒスハーフェン・アム・ラインで、クリスマスで賑わう繁華街で爆弾を爆発させようとした疑いで、イラク出身12歳の少年を逮捕していたことが分かった。 Focusが報じた。


少年は先月26日に逮捕されていた。 Focusが報じたところによると、自家製爆弾はクギなどが付いており、殺傷能力を高めてあった。 しかし、雷管が作動しなかったことから襲撃は失敗、少年は爆弾の入ったバックと共に警察当局に逮捕された。


少年は過激派テロ組織イスラム国のメンバーであるとも報道されている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。