otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン サウジアラビアに6か月で6900万ユーロ余りの武器を輸出

|


Rey arabia saudi


スペイン中央政府経済・工業・競争力省が発表したところによると、スペインは今年の上半期に約6900万ユーロ分の武器をサウジアラビアに輸出していたことが分かった。


輸出された武器の多くは、迫撃砲弾や弾丸、照明弾、陸用装備など。


その他スペインの武器企業はアラブ諸国にも武器を輸出しており、爆弾、ミサイル、魚雷、焼夷弾などが輸出された。


サウジアラビアに輸出された武器のうち82%は軍に、18%は警察向けに輸出されたとのこ。


現在イエメンでは紛争が熾烈化しており、サウジアラビアが中心となって空爆などを行っている。 この空爆で、市民が犠牲になっており、米国と欧州委員会はスペインに対し武器の輸出を止めるよう要請している。


また、先月サウジアラビア国王の兄弟が死亡したのを受け、スペイン国王フェリペ6世は同国を訪問する予定だったが中止していたが、この訪問ではサウジアラビア軍に対し護衛艦5隻の建造をスペイン企業が落札するよう求める予定であった。


サウジアラビアはこの他にも、国内の砂漠高速鉄道建設をスペイン企業コンソーシアムに委託している

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。