otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインと日本が洋上風力発電の開発で協力へ向けた講演会開催

|


2016 12 15 Jornada CDTI Japon


産業技術開発センター(CDTI)は12月15日、「スペインと日本の協力:洋上風力発電の機会」と題した講習会を行う。


この講習会にはスペイン風力発電教会(AEE)が独自の新プラットフォーム技術REOLTECを披露するほか、スペイン再生可能エネルギー生産教会(APPA)、日本からは国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が参加する。


講習会は3つのパートに別れており、1つは「スペインにおける洋上風力発電の状況」と題し、カナリア諸島養生プラットフォーム(PLOCAN)、風力発電の発展が目覚ましいカンタブリア州の州大学らが参加し講演会を行う。


次に「日本における洋上風力発電の状況」と題し、山崎光弘NEDOヨーロッパ局長が講演を行う。


最後に日本とスペインのイノベーションプログラムの講演会を行う。


CDTIアジア太平洋地域アンヘレス・バルブエナ局長とCDTI日本AkiDambara局長が2017年3月1日から3日まで行われる日本ウィンドエキスポに向けたスペインの計画を発表する。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。