otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「ナディア事件」 判事が出生届の提出を命令

|


Imagen sin titulo 1


父親が娘の病名を偽り数年間にわたって寄付金を騙し取っていた疑いで逮捕された「ナディア事件」で、裁判長は娘ナディアちゃんの出生記録をパルマ・デ・マヨルカの公的機関に提出するよう要請したことが分かった。


現在裁判が行われている「ナディア事件」では、娘の病名を偽り数年間にわたって寄付金を騙し取っていたとみられる父親フェルナンド・ブランコ容疑者の証言から、娘のナディアちゃんの出生に関する疑問が浮上したとして、パルマ・デ・マヨルカの市役所に出生記録の提出を要請。 更に通っていたリェイダにある学校の出欠表の提出、教師二人から証言を聞くため裁判所に召喚、診断書の提出などを命令した。


判事はこの他にこの5年間のフランスの宿泊施設に関する情報の提出も要請。 これは、フェルナンド・ブランコ容疑者の先祖がフランス人であり、更にフランスに逃亡しようとしてモススダエスクアドロ自治州警察に逮捕された経緯がある。


「ナディア事件」

数年間に渡り「ナディア」ちゃんの早老病の治療費の寄付を様々なプラットフォームで募っていた。

実際は硫黄 欠乏症毛髪発育異常症(Trichothiodystrophy)の可能性。

寄付で得たお金を返却しようとしていたとテレビ番組で訴え。

リェイダ地方裁判所が逮捕命令、家宅捜索命令、父親の銀行口座を凍結。

診断書の提出命令。

ナディアちゃんのパスポート返上命令。

母親を逮捕。

父親がフランスに逃亡を図るも、フランス国境付近でモススダエスクアドロ自治州警察により逮捕される。

車から拳銃が発見される。

母親保釈。

家宅捜索の結果拳銃、マリファナ、高級腕時計32個、ライフル銃用の弾丸等が発見される。

フェルナンド・ブランコ容疑者と母親のナディアちゃんの親権をはく奪。 いとこが身元引受人となる。

出生記録をパルマ・デ・マヨルカ市役所に要請。

ナディアちゃんが通っていた学校の教師二人を召喚。

学校の出欠表の提出を要請。


過去5年間のフランスの宿泊施設に関する情報を要請。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。