otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

住友がカナリア諸島バナナ最大輸出業者のアイルランド企業Fyffes買収へ

|


Platano canarias web


住友がスペインのカナリア諸島で生産されているバナナの販売業者であるアイルランドのFyffes買収に乗り出したことが分かった。


住友は一株当たり2.23ユーロのFyffes社を7億5100万ユーロで100%の株購入のオファーを行った。


アイルランド企業Fyffes社はカナリア諸島産のバナナを世界に向けて年間4600万箱、12億ユーロ分を輸出している。 


Fyffes社は1887年からカナリア諸島のバナナを販売しており、同社創業者のひ孫がカナリア諸島のバナナを発見、形や味を気に入り、当時お茶の輸出をメイン経営していた父親を説得し、バナナの輸出を始めた。


現在ではテネリフェに3,000ヘクタールのバナナ農場をもち、スペイン市民戦争後には留置所としても利用されていた。


買収計画では現在までに住友はFyffes社の株式資本の約27.21%を取得。 同社CEOのダビッド・マクカンは「この計画は当社の株主にとって魅力的な提案であると信じている。」と語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。