otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

皮革使用反対を訴え100人余りの活動家らがバルセロナの繁華街でヌード

|


Fotonoticia 20161211122130 640


スペイン東部カタルーニャ州バルセロナ市の目抜き通りであるグラシア大通り(Paseo de Gracia)で、スペインの皮革産業で多くの動物たちがひどい扱いを受けているとし、革製品の使用反対を訴え100人余りの活動家らがヌードになり抗議活動を行った。



動物保護団体AnimaNaturarisのレティシア・オリバレス報道官は、革製品を作る際動物たちは非常に残虐なやり方で殺されていると指摘。 また、「革のコート一着を作る場合、チンチラ300匹もしくは狐70匹、もしくはウサギ30匹が必要であり、それを知ったら人々は毛皮や皮のコートを買いたいと思わないはずだ。」と語った。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。