otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

中国大連万達グループ2億2000万ユーロでアトレティコ・マドリードを買収か

|

Estadio wanda 1


スペインメディアEcodiario.esによると、今週末に行われるアトレティコ・マドリードの総会で、中国の大連万達グループが2億2000万ユーロで残りの株を買い取り、筆頭株主になるという発表がある可能性が高いことが分かった。


報道によると、バルデオリバスでアトレティコ・マドリードCEOミゲランヘル・ヒル・マリン、エンリケ・セレソ社長、大連万達グループ代表が買収に関する会議を行ったとのこと。


現在大連万達グループはアトレティコ・マドリード株を20%所有、2015年に4300万ユーロで購入していた。 その他CEOのミゲランヘル・ヒル・マリンは52%、エンリケ・セレソ社長は20%の株をそれぞれ所有している。



アトレティコ・マドリードの新スタジアムの名前は「ワンダスタジアム」?

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。