otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

父親が病名を偽って寄付を募った娘のパスポート返上を裁判所が命令

|


Fotonoticia 20161205115450 16121893429 640 1


ラ・セウ・ドゥルジェイ地方裁判所は7日、父親が病名を偽って数年間にわたって寄付を募った娘のパスポートの返上を命令したことが分かった。


父親の名前はフェルナンド・ドラケ・ブランコで、娘が死の危険のある病気にかかっており米国で治療を行うとして、ネットなどを通して数年間にわたり寄付を募り、実際は皮膚に症状のでる奇病であり、米国で治療を行わず他の国の民間治療を行った。


父親はメディアで明るみになる前に、寄付されたお金を返金すると発表していた。 


リェイダ地方裁判所は父親の銀行口座を凍結、また娘のパスポート返上および医師の診断書の提出を求めた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。