otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

コロンビア墜落事故 事故が起こった18日前にアルゼンチン代表も利用 燃料残り18分だったことが明らかに(ブラジルメディア)

|

先週ブラジルサッカーチームチャペコエンセの選手を含む71人の犠牲者を出したラミア航空会社飛行機事故で、事故が起こった18日前にアルゼンチン代表らも利用しており、目的地到着時18分ぶんの燃料しか残っていなかったことが分かった。 ブラジルのメディアFolhaが報じた。


報道によると、レオ・メッシハビエル・マスチェラーノを乗せたアルゼンチン代表はベロ・オリゾンテ空港を出発、4時間4分の飛行を終え目的地に到着。 同機の航続可能時間が4時間22分であることから、燃料は約18分ぶんしか残っていなかったことが分かったとのこと。


これに対し、米国通信社AssociatedPressがアルゼンチンのサッカー協会に問い合わせたところ、ブラジルに渡航する際最も安いチャーター便を用意したことが分かった。


El vuelo de Messi y Mascherano estuvo a 18 minutos de quedarse sin combustible

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。