otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

娘の治療費寄付詐欺問題 父親が「病名を偽った。」

|


Nadia


娘の病状を「早老病」と偽り、数年間にわたって寄付を募り、検察と警察が捜査を開始、裁判所が父親の銀行口座を凍結している件で、父親がスペインテレビ局Antena3のEspejo Publicoに出演、「全てが明るみなる前に説明をしようと思った。」と発言したことが分かった。


口座を凍結された父親フェルナンド・ブランコによると、「一部事実を誇張したところはある。」と語り、皮膚に症状が現れる奇病にかかっているところ、娘が死の危機に瀕していると偽り寄付を募っていたことに関して謝罪し、寄付で集まった301,000ユーロを返金していると番組で語った。


また、アメリカのヒューストンの病院に連れて行ったことも嘘で、実際にはアフガニスタンの民間療法を行う医師を訪ねて行ったと語った。


現在フェルナンドは、詐欺行為があった可能性があるとして、モススダエスクアドロ自治州警察と検察が捜査を開始。 リェイダ地方裁判所が、父親の銀行口座を凍結している。 父親はまだ起訴されていない。

子供の早老症の治療のためネットで寄付を募っていた父親に詐欺の疑いか

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。