otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

偽の在ガーナ米大使館を発見 閉鎖へ

|

ガーナの現地メディア"Ghana Business News"が報じたところによると、ガーナの首都アカラに偽の米大使館が十数年間存在し、詐欺行為を行っていたことが分かった。



報道によると、トルコ人とガーナ人の犯罪組織によって建設され、月曜日、火曜日、金曜日に米国国旗を掲揚し、偽の渡航ビザなどを発行していたとみられ、その際手数料として6,000ユーロをだまし取っていたとみられている。



米国当局によると、容疑者らのオフィスにはバラク・オバマの肖像画がかけられており、主な詐欺の相手はトーゴ人やガーナ人だったとのこと。


Descubren y clausuran una embajada falsa de EEUU en Ghana que había operado durante diez años

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。