otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

クラシコで再度エステラーダ旗 さらに横断幕

|

Est 1


12月3日に行われたFCバルセロナ対レアルマドリード戦「クラシコ」で、カタルーニャ州の独立の象徴「エステラーダ旗」約3万枚が翻った。



試合開始前、カンプ・ノウスタジアム周辺で、カタルーニャ州独立促進団体らが州独立の象徴旗である「エステラーダ旗」3万枚を無料配布していた。



バルサファンは試合開始前にエステラーダ旗を掲げた。 また、試合前のモザイクでは、大きなエステラーダ旗とともに「Welcome to th catalan republic」(ようこそカタルーニャ共和国へ」と書かれた横断幕も掲げられた。



試合は1対1の同点に終わった。


「エステラーダ旗」を掲げるファンたち


「エステラーダ旗」を配布する団体関係者



モザイクに「ようこそカタルーニャ共和国へ」の横断幕と「エステラーダ旗」



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。