otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

墜落事故を起こした旅客機パイロットと管制塔との会話が流出 ”El Colombiano”

|

Fotonoticia 20161130101705 640


コロンビアのメディア”El Colombiano”が、コロンビアで墜落事故を起こした旅客機パイロットと管制塔との会話を流出させたことが分かった。


流出した記録によると、墜落した旅客機を操縦していたパイロット、ミゲル・アレハンドロ・キロガ(Miguel Alejandro Quiroga)が管制塔に対し"Necesitamos prioridad para la aproximación porque se nos ha presentado un problema de combustible"((残)燃料の問題発生により、緊急着陸の必要がある。)と発言していた。


しかし、管制塔員は着陸許可の優先順位を変更することなく、着陸のために並んでいた3機の着陸を優先した。


パイロットのキロガは”燃料の緊急事態”を告げ、前にいたVivaColombia航空より先に着陸させるよう要請。


これに対しても管制塔員は優先順位を変更しなかったため、キロガは再度「緊急に着陸が必要….電気系統と燃料にエラーが生じている。」と発言。 管制塔員は優先順位を変更する為の手続きを開始するもパイロットが¡Vectores señorita!と叫んだのを最後にレーダーから信号が消え、他の管制塔員が「もう返事しない。。。」などと発言している。


墜落した旅客機より先に着陸したAvianca航空の旅客機を操縦していた副操縦士は、「彼らは高度を下げた。 近くを飛行したとき、彼らが高度を下げていた時に電気がついているのを見た。 彼らは緊急事態「メーデー」と言っていた。」と報道されている。




コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。