otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

コロンビアで飛行機事故 少なくとも25人が死亡

|


ラ・セハ市のエルキン・オスピナ市長によると、ブラジルサッカーチームのチャペコエンセを乗せた航空機がセロ・ゴルド・デ・ラ・ユニオン近くで墜落、少なくとも25人から27人が死亡したことが分かった。


コロンビア当局の発表によると、少なくとも6人の生存者が確認されている。


航空機は乗客72人と搭乗員9人を乗せ、ボリビアのビル・ビル・サンタクルス空港を離陸し、コロンビアのメデジンの空港に向かっていた。



現在までわかっていることは


飛行機

Avro 146-RJ85 LAMIA社


現地時間21時33分にコロンビアメデリンのホセ・マリア・コルドバ空港に到着予定だった。


事故機に乗っていた搭乗者のうち

選手 21人

技術者や付き添い 28人

記者 22人

搭乗員 9人


今までに少なくとも76人が死亡

記者一人の生存を確認。

選手三人の生存を確認。

飛行機関係者一人の生存を確認。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。