otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード18歳の少年が死亡 喧嘩で銃弾を受ける

|


Fotonoticia 20161128164910 640


マドリード警察当局の発表によると、アルコベンダス地区で複数人が口論となり、18歳の少年が銃弾を受け間もなく死亡したことが分かった。


事件が起こったのはマドリードのアルコベンダス地区ナバラ通り17番で、14時35分頃。


警察の情報筋によると8人程度の若者が口論となり、そのうち2人が喧嘩をはじめ、一人はナバハ・ナイフ、もう一人は拳銃を持っていた。 最終的に銃を持った少年が発砲し、もう一人の少年に命中し重体を負った。


救急隊によると、少年の肩近くに命中し銃弾が心肺近くに残り出血がひどかったとのこと。 ラ・パス病院に運ばれたものの、出血多量で息を引き取ったと情報筋は語っている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。