otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリードの公共雇用サービス機関オフィス(公共職業安定所)の開館時間が30分延長へ

|


Fotonoticia 20161128131157 640


マドリードの公共雇用サービス機関のオフィス(公共職業安定所)の開館時間が30分延長されることが分かった。


今回の決定はマドリード市のカルメナ市長と、労働組合との合意により決定された。


失業保険申請、求職などを行うSEPEのオフィスに関して市民及び企業への対応の改善、事務所の近代化、システムの改善による人材派遣業務の強化などを目指し、2019年までに合計で6340万ユーロの予算を計上した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。