otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン・バルセロナ“Banc Expropiat”オクパ(スクワット)が新たに不法占拠 州警察が出動

|


Be 3 1


スペイン北東部カタルーニャ州のバルセロナ市グラシア地区にあるスクワットグループ"Banc Expropiat"が5月に強制退去された元銀行支店の建物を選挙、モススダエスクワドロ州警察が出動する騒ぎとなった。



スクワットは、5年間放置不法占拠していた元銀行支店のオフィスを今年5月に強制退去させられていたが、11月27日日曜日にバリケードを破壊し建物内に侵入、入り口付近で机を出し、無料の食べ物を提供し始めた。



その後、州警察が出動し強制退去させたものの、仮面とパーカーをかぶった活動家ら50人余りが周辺でデモ行進を行う事態に発展した。



この場所は、2011年よりスクワットグループが不法占拠し、無料のカタルーニャ語教室やヨガ教室などを行っていた。





スペイン・バルセロナ “Banc Expropiat”オクパ(スクワット)が新たに不法占拠開始
バルセロナ ”Banc Expropiat”オクパ(スクワット)デモをこれ以上行わないと発表
バルセロナ 強制立ち退き抗議運動 土曜日17時から 日曜日12時から

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。