otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

Alstom社がスペイン国鉄の最大規模の公募に疑問視 説明を求める

|


Fotonoticia 20161122113411 640


フランスの車両メーカーAlstom社が、スペイン国鉄(Renfe)が公募したRenfe史上最高額の競争入札で、スペインTalgo社への評価に関する詳しい情報の開示を求めたことが分かった。


Renfeは28日月曜日に、正式にどの企業に発注するか発表するものの、ほぼスペインのTalgo社で固まっているとみられている。


Alstom社はRenfeが行った26億4200万ユーロの競争入札で、Talgo社、CAF社、シエメンス社と争っていた。


しかし、Alstom社によると、Talgo社が提案した次世代車両はまだ確立していない技術を使った新車両であり、見たことも作られたこともない車両に対しどのようにして技術点がつけられたのか、また乗り心地の面でも、客席を3列+2列にすることで低下するのではないか、と疑問を呈している。


Alstom社は今のところ、この入札に抗議する構えを見せてはいないと表明している。

スペイン国鉄過去最高の入札額 タルゴが勝利か?
AVE次世代車両建設入札11月に決着予定
スペイン スペイン高速鉄道(AVE)次世代車両建造入札 仕切り直しボンバリディエルの訴えを受け
スペイン高速鉄道次世代車両製造立候補社出揃う 日立とボンバリディエル社は立候補取り下げ
スペイン国鉄高速鉄道(AVE)車両発注入札に日立が参入

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。