otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード市フエンラブラダで頸部を切られて死亡した女性 妊娠していた

|

マドリード市フエンラブラダで24日午後、交際相手の女性の頸部を切って殺害した容疑で逮捕された29歳男性が、血だらけになった刃物を所持して「El hijo no es mío, el hijo no es mío」と叫んでいたことが分かった。


警察当局の発表によると、殺害された女性(26歳)は妊娠しており、男性は自分の子供ではないと主張していたとのこと。


事件はマドリードのバルセロナ通り28番で発生。 13時50分頃通報を受けた警察は現場に急行し男性を逮捕、女性は間もなく死亡した。



マドリードで交際していた女性の首を切り逮捕

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。