otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

アダ・コラウ市長がAirbnbとHomewayに対し60万ユーロの罰金を検討

|

Fotonoticia 20161124095146 640 2


バルセロナ市アダ・コラウ市長は24日、AirbnbとHomewayに対しそれぞれ60万ユーロの罰金を課す構えだと発表したことがわかった。


アダ・コラウ市長は24日に地元ラジオ局「カタルーニャ・ラジオ」のインタビュー番組に出演、営業許可証のないアパートを貸し出している情報を掲載しているとして、AirbnbとHomewayに対しそれぞれ60万ユーロの罰金を課す可能性があると示唆した。


バルセロナ市によると、両社に対し営業許可証のないアパートの貸し出し情報を掲載しないよう通達し、それらアパートの情報を渡すよう要請したものの、無視されたため各社に3万ユーロの罰金を課した。


しかしながら、両社とも違法貸アパートを掲載し続けたため、観光法の罰金額で最大の60万ユーロを課すことを示唆した。


市が確認しているだけで、Airbnbでは3,812件、Homewayで1,744件の違法貸アパートが存在する。


このほかバルセロナ市は、Airbnbのような新しいプラットフォームにも3万ユーロの罰金を課す用意をしている。(Housetrip, 9 flats, Fotocasa, Onlyapartments, Open House, Tripadvisor, Niumba, Rent4days)


また、営業許可のない貸アパートの情報掲載を中止したと市役所が確認したのは以下のポータルサイト。Booking, Aparteasy, Apartmemtsbcn, Apartamentbarcelona, Insidebarcelona, Barcelonahome , Rentalia。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。