otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナで違法路上販売「トップ・マンタ」の大規模一斉捜査

|

バルセロナ自治体警察と税関監視局は24日、バルセロナ県を中心に違法路上販売「トップ・マンタ」に対する大規模な一斉捜査を行った。


一斉捜査は24日9時から始まり、バルセロナ、マタロ、オスピタレット・デ・ジョブレガット、バダロナなど約15件で一斉に家宅捜索を行い、11時15分ごろにはコピーブランドを扱っていた容疑で7人が逮捕された。


家宅捜索は主にアパートで行われたが、ほかにも倉庫などで偽者のロゴを印刷するためのプレス機などを押収した。


現在バルセロナ市内では「トップ・マンタ」が地下鉄構内にまで進出し、歩行の邪魔になるほか、海岸近くでは違法販売者が長蛇の列を作り、付近のおみやげ物屋や商店街に影響を与えるだけでなく、景観も損なっている。


この「トップ・マンタ」に対しバルセロナ市長は「容認」派で、違法路上販売員取締りを強化するよりも、社会サービスの拡充や合法な仕事を与えて対応する姿勢を見せ、以前自治体警察に違法路上販売員を採用することを示唆した発言をして諸機関から大反発を受けていた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。