otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

元バルサ選手エトーに10年6ヶ月と1430万ユーロの罰金を求刑

|


Fotonoticia 20161124105845 640


スペインのバルセロナ検察局は24日、元FCバルセロナ選手エトーに対して10年6ヶ月の禁固刑と1430万ユーロの罰金を求刑したことがわかった。


バルセロナ検察局リカルド・サンツ・ガデア検察官によると、エトーはバルサ所属時代の2006年から2009年の間、肖像権に関して約380万ユーロの脱税を行ったと見られている。


エトーはハンガリーにTradesport and Marketing KFT社、スペインにBulte2002Empresarial社を創設、二つの会社を利用して肖像権料の一部を税務署に申告しなかったと見られている。

また、エトーの元法定代理人ホセ・マリア・メサジェスに対して同様の実刑を求刑、TradesportandMarketingKFT社を管理していたヘスス・ラストレ・アブレウに5年8ヶ月の禁錮、225万ユーロの罰金を求刑した。


この三人は脱税のほか3つの刑事責任に問われる。


検事によると、肖像権料の税率をBulte2002社を利用して45%のところ、30から35%の税率で申告。 そのほか個人で使用していた乗用車や不動産などを会社の経費で落としていたとのこと。 さらに、Tradesport社に関しては、法人税の税率がスペインのそれに比べて非常に低く、約10%ほどであったためこれを利用していた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。