otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナで行方不明だった16歳の女の子がサン・セバスティアンで発見される 健康状態は良好

|


Fotonoticia 20161122195653 260



11月21日からバルセロナで行方が分からなくなっていた16歳の女の子Martina Allemany Casaさんがスペイン北部バスク州のサン・セバスティアンで発見されたことが22日、警察の発表により分かった。



カタルーニャ州モススダエスクワドロ自治州警察は女の子の両親からの捜索願を受け、行方を追っていたが、22日夜、スペイン北部バスク州の州都サン・セバスティアンで発見したことを、公式ツイッターで公表した。



自治州警察は22日朝から、公式ツイッターで市民に対して操作の協力を呼び掛けていたが、バスク州のエルザインツァ州警察により、女の子を発見したことが分かった。



女の子は拒食症を患っており、数日後に再度病院に検査に行かなければならない状況で、自宅には女の子の残した置手紙があったことが分かっていた。 警察の発表では、健康状態は良好とのこと。

バルセロナで行方不明になっていた女の子が手紙を残していたことが明らかに
バルセロナで16歳の女の子が昨夜から行方不明 各警察が連携して捜索中

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。