otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナで行方不明になっていた女の子が手紙を残していたことが明らかに

|


Fotonoticia 20161122111712 260




昨日からバルセロナで行方が分からなくなっていた16歳の女の子Martina Alemany Casasさんが家族に対し手紙を残しており、自ら家出していたことが分かった。


地元テレビTV3によると、女の子の自宅で手紙が見つかり、その中で「貴方たちの事を愛しています。 落ち着いてください、私は大丈夫でしょう。 誘拐された訳ではありません、ただ私が出て行っただけです。 貴方たちにこれ以上問題を持ち込みたくありません。 今まで私に耐えてくれてありがとうございます。」と書かれていた。


少女は拒食症を患っており、入退院を繰り返していた。 また、数日中に病院に入院しなければならなかったとのこと。

バルセロナで16歳の女の子が昨夜から行方不明 各警察が連携して捜索中

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。