otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリードとバルセロナでジハード主義者を逮捕

|


Fotoarchivovideo 332702 1 1 wd644


スペイン警察は19日、モロッコ人ジハード主義者2名をマドリードとバルセロナ近郊で逮捕したことが分かった。


内務省の発表によると二人はインターネット等を介してジハード主義思想等を宣伝し、過激派テロ組織イスラム国(IS)への参加を促していたとのこと。


今回逮捕された二人はボランティアで(IS)に加担していたとみられており、スペイン国内で兵士などを募集していたとみられている。


また、二人の利用していたツイッターやフェイスブックなどのアカウントには多くのフォロワーが登録されていた。


モロッコの研究機関(CMSE)によると、この2年間でスペイン国内から(スペイン人も含め)ISもしくはその同盟組織の兵士訓練施設に渡ったとされる人数は約450人と試算している。


また、発表された情報によるとこの一年間で、シリア、もしくはイラクにあるISの訓練施設に渡った外国人は47,000人に上るともいわれ、そのうち7,000人は欧州連合からとのこと。  内訳は1,700人がフランス国(フランス人含む)から、850人がベルギー、760人がオランダ、650人がドイツ、170人がスイス空だった。


このほか、チュニスからは5,500人、サウジアラビアが3,200人、モロッコが1,630人、ヨルダン1,600人、エジプト1,200人、アルジェリア900人が過激派テロ組織に渡航していた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。