otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラ・ファジェラ・マヨールとその官女に選ばれた場合の規制が委員会から10数年ぶりに公表される

|


Trono


スペイン3大祭りの一つ、バレンシア州の火祭り「ファジェス」(Falles)の運営委員会は、ミス・バレンシアともいわれるファジェラ・マヨール・デ・バレンシアを選出する。 その中で、運営委員会はファジェラ・マヨール・デ・バレンシアとその13人の官女コルテ・デ・オノール(Corte de honor)の10数年間秘密であった服装に関する禁止事項を公表した。


規程によると、公式行事などに出席する場合、膝上丈のスカート、「過度」のネックライン(胸元があいている)、透ける衣類、贅沢なアクセサリーの着用禁止。 また、ハイヒール着用の促進、及び政府機関が指定した場合にジーンズの着用が可能。


さらに、公式行事に出席する前に、運営委員会による服装のチェックがあり、服装がふさわしくなく変更を求める場合があり、もしこれを拒否した場合自宅で待機することになる。


モニカ・オルトラ州副首相(元ファジェラ・マヨール・デ・バレンシア)は、委員会の規定は現行の法律と互換性が無いと指摘。  「誰も誰かに対して服装を買えろということはできない。 この点の規定は恐怖を与える。」と語った。


2017年ファジェラ13人の官女

ファジェラ・マヨール・デ・バレンシア候補者

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。