otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州の独立機運落ち着く

|


Puigdemont independencia


不定期ながら大体3か月ごとに行われるカタルーニャ州政府による18歳以上の同州市民1,500を対象にした意識調査CEOが発表された。


調査結果によると、44.9%の住民がカタルーニャ州の独立に賛成、45.15%が反対していたことが分かった。


前回6月に行われた調査では、独立賛成が47.7%、反対が42.4%であったことから、独立反対派が増えたことになる。


また、カタルーニャ州がとるべき立場はとの問いに、独立国家と答えたのが38.9%。


独立機運が落ち着いたのは各政党の支持率の変化にも見て取れ、賛成派合同会派ジュンツ・パル・シィ党及び反資本主義独立派CUPへの支持率が減少、独立反対派及び住民投票で独立を決めることに賛成派が州議会で過半数を得ることが分かった。




ソース

CEO(PDF)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。