otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

タウリ公立病院 クリニカ・デル・バイエス病院閉鎖により緊急手術の拒否を余儀なくされる

|


Tauli 1


カタルーニャ州サバデイ市に住むトン・ブルゲス氏は10月に、外科手術を3回パルク・タウリ病院に断られたと証言した。


プレスデジタルによると、これはクリニカ・デル・バイエス公立病院の閉鎖に伴い、以前よりパンク状態だったタウリ病院にさらに負担がかかったためと思われる。



トン氏によると、10月14日に緊急病棟を訪れ、結石があるため緊急手術が必要との診断を受けた。 しかし、実際に2回の延期を受け、21日に手術をした。



彼の発言によると、救急病棟は現在パンク状態だと言われ、待合室で待つか、家に帰るか選ぶように伝えられたとのこと。 


これに対しタウリ公立病院側は、「それは非常に特殊なケースだった。」とし、その時にたまたま予定していた手術が長引いていた。 と回答。



タウリ公立病院では10月中1日に約396人の救急患者を診ており、昨年同月比で27人多かったとのこと。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。