otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

アメリカ大統領選 市民党アルベルト・リベラ党首「ポデモス党は喜んでいるに違いない。」

|


Fotonoticia 20161109104159 640


スペインテレビ局「テレシンコ」に出演した中道右派市民党アルベルト・リベラ党首は9日、アメリカ大統領選でドナルド・トランプが大統領に選ばれたことについて「ポデモス党は喜んでいるに違いない。」と語ったことが分かった。


アルベルト・リベラ党首はアメリカ大統領にドナルド・トランプが選出されたことに対し驚きと懸念を表明、「大統領選の勝利をポデモス党は喜んでいるに違いない。 ポピュリズムは極右か極左のいずれかとなり、結局同じものとなるから。」と語った。


リベラ党首は「自由資本主義の時代が終わり、アメリカ人のためのアメリカを目指す保護主義の時代が来た。」 「NATOを基地から取り除き、西欧諸国と同盟を破棄したかった人たちは喜んでいるだろう。」 「シリサからル・ペンまで、ヨーロッパではポデモス党の考えが広がっており、保護主義が自由主義を席巻している。」と指摘した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。