otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

米国大統領選で影響を受けるスペイン企業

|


78329


世界中が注目する米国大統領選挙は、スペインでも多くの市場関係者にとって目が離せない。 スペイン金融機関バンキンテールのアナリストによると、ヒラリー・クリントンが選挙に勝った場合、織り込み済みであるため、ウォール・ストリートの上昇は限定的で、3%から5%の上昇と見ている。


反対にドナルド・トランプが勝った場合、ボラリティが一時大きくなり、5%値を下げるとみている。


ヒラリー・クリントンが勝った場合

市場では銀行、再生可能エネルギー、自動車関係が上昇、薬、防衛関係が下落する。


ドナルド・トランプが勝った場合

石油、薬、建設、防衛関係の株が上昇。 銀行、自動車、再生可能エネルギー関係が下落。 これにより、スペイン国内では

BBVA

Santander

Iberdrola

OHL

Viscofán

Telefónica

Mapfre

Cie Automotive

IAG

Meliá

等の株が下落するとみられる。


また、大統領選挙前後で不用意なポジション取りなどを行わないよう警鐘を鳴らしている。


セクター別にみると、航空会社は買い、不動産、ユーティリティ、絶対収益型ファンドは売り、銀行、保険、基本消費財関係、石油、工業、自動車、電話、バイオテクノロジー、化学、建築、鉱物などではポジションをニュートラルに保つことを専門家は推奨している。


抄訳

Estas son las empresas que subirán o bajarán en bolsa si gana Clinton o si vence Trump

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。