otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

日産バルセロナ工場労働組合24時間のストライキを回避

|

Fotonoticia 20161107202547 640


日産バルセロナ工場労働組合は7日、日産バルセロナ執行部と労働条件に関して仮合意に至ったため、8日に予定していた24時間ストライキを回避したと発表した。


日産バルセロナ工場労働組合ではソナ・フランカ工場とモンタカーダ・イ・レイシャック工場で7日22時から24時間のストライキを行うと発表していた。


これに対し日産バルセロナ執行部は、カタルーニャ州政府を仲介者として招き、労働組合と交渉を繰り返していた。


11月7日12時より行われた交渉もカタルーニャ州政府が出席、一日の労働者を現在の218人から220人に引き上げると約束した。


労働組合は、2018年まで有効な労働契約の締結を求めており、交渉はまだ続くと発表した。

出口の見えない日産スペイン労働組合のストライキ カタルーニャ州政府が仲介も決裂 来週もストライキ実施か
日産バルセロナの2工場でストライキ 参加率は100%
労働検査官が日産バルセロナ工場を調査へ
日産バルセロナ工場 労働組合との摩擦が再燃
日産労働組合が部分ストを発表予定

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。