otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSOE危機 PSOE党員がスサナ・ディアス州首相、ハビエル・フェルナンデス幹事長代理などを相手取り起訴

|


Gestora PSOE denuncia


スペイン社会労働党(PSOE)の党員グループがアンダルシア州スサナ・ディアス州首相、ハビエル・フェルナンデス幹事長代理委員会委員長、マリオ・ヒメネス議員、アントニオ・エルナンド報道官などを相手取り、意見を強要したとしてマドリード地方裁判所に起訴したことが分かった。


起訴したのはマドリード、ガリシア、サラゴサの党員らで10月23日にPSOE本部で与党国民党マリアノ・ラホイ党首の首相信任投票で、「棄権票」を投じるよう決定したことを受け、これを強要したとして起訴。 また、10月1日に決定したハビエル・フェルナンデス幹事長代理委員会委員長の辞任を求めてサラゴサ地方裁判所に起訴した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。