otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

全国管区裁判所ホセ・デ・ラ・マタ判事がネイマール選手と両親、FCバルセロナ、バルトメウ会長を起訴、サンドロ・ロセイ前会長 FCバルセロナとの契約時に不正か

|


Fotonoticia 20161107153400 640


全国管区裁判所のホセ・デ・ラ・マタ判事は7日、FCバルセロナのネイマール選手と両親、FCバルセロナ、バルトメウ会長、サンドロ・ロセイ元会長を、ネイマール選手移籍時に不正があった疑いで起訴したことが分かった。


今回の決定は、今年7月にFCバルセロナと、国家弁護団、検察当局の間で司法取引があり、FCバルセロナ側が550万ユーロを支払うことで解決していたものを、最高裁判所が事件を再調査するよう要請したため。 これは、ネイマール選手の移籍時に40%の権利を持っていたブラジル投資ファウンドDIS社が、実際支払われた移籍金よりも少ない金額を申告され、その差額がネイマール選手の両親が経営するN&N社がに渡ったと上告していた背景がある。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。