otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バスク祖国と自由(ETA)の最高指導者が国境付近で逮捕

|

フランス当局はスペイングアルディア・シビル警察の脅威力と共に、バスク祖国と自由(ETA)の最高指導者と見られるミケル・イラストルッツァ(Mikel Irastorza)をフランス国内のスペイン国境付近で逮捕したことが、スペイン内務省の発表により分かった。


ミケル容疑者はスペインのナバラ州と国境を接するフランスのアスカンで逮捕された。


ETAはフランコ独裁政権時の抑圧に対抗し、バスク州の分離独立を目的として組織された。 最近では2004年スペイン列車爆破事件や2006年首都マドリードのバラハス国際空港で爆破テロ、2008年バスクテレビが自動車爆弾の被害を受けていた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。